Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なまら にがいビール



写真の通り、「なまら にがい ビール」です。
「なまら」と書いてあるので、北海道産?と思うのですが、
いやいや、生産はアメリカ。

北海道在住の麦酒博士フレッド・カフマンのアイデアに基づき、
アメリカ、オレゴン州で作っている北海道限定の地ビールです。

ということらしいです。

で、お味は・・・、なかなかビターでいい感じ!
ベルギービール好きな私としては、おすすめです。

はじめて、このビールに出会ったのは、神田にある
地ビールハウス 蔵くら」です。
ここでは、樽生のビールがたくさんあり、
普通に瓶ビールの種類も豊富。
その中で、この「なまらにがいビール」に出会いました。

普通のお店ではおいてないんだよね~なんて、思っていたら
たまに行く「日進ワールドデリカテッセン」でありました!

見つけた時には、嬉しかったです!
思わず買いこんでしまいました。
そして、よなよな なまらにがいビールを飲んでます。

ちなみに、軽いビールがお好きの方には、
ちょっと苦いかもです。


スポンサーサイト

サントリー 白州蒸留所へ行く!

このブログ。
カテゴリー欄を見ると気づかれる方もいるかもしれませんが、
(いや、いないかもです)何故か、お酒のカテゴリーが充実。


私、かほるですが、、、お酒・・・大好きです!
そして、結構、そうとう飲みます。


で、今までは何を飲んだかとか、どれが美味しかったかなどは、
セバスチャン(一緒に暮らしている方です)が覚えていてくれていたのですが、
さすがに、データベースがいっぱいいっぱいになった様子で、
「何かに残して下さい」という事になり、ブログで残す事に。


ですので、まだ書いてもいないのに、お酒のカテゴリーがいっぱいです。
これからたくさん書く予定ですので。


で、今回は、工場見学第1弾

『サントリー 白州蒸留所』へ行く!


実は、去年あたりからサントリーの工場見学は行っていて


最初は、
山梨の『登美の丘ワイナリー』。


次に、
府中の『武蔵野ビール工場』。


そして、今回が、
ウイスキーの『白州蒸留所』です。



まず、最初に言っておきたいのは、


「サントリーの工場見学は素敵!」です。

どれにいっても、大満足!そして、素敵な案内です!
とにかく行ってよかった~と思うところばかりです。



で、まず、どの工場に行くにしても、前準備。
Webページにて、ガイドツアーやセミナーをチェック!
さらに、絶対はずしてはいけないのが、


「インターネット限定ご優待券」
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/access/ticket/index.html

絶対印刷して持って行ってください。
素敵なお土産がもらえます!



では、準備が出来たところで、いざ出発!


中央道を使ってずんずん、進みます。
この日は、天気がとってもよくって、気持ちよかったですよ~
更に、藤の花も咲いていて、素敵でした。
0601-02.jpg
山の藤を見るのは、初めてでしたので、
0601-01.jpg

ちょっとワクワクして、はしゃいでいました。


そんな楽しいドライブをしていると南アルプスが見えてきます!
0601-03.jpg

八ヶ岳を超えていくと、小淵沢ICで、おります。

そして降りてからは、素敵な田舎道。
少し迷いながら白州蒸留所に到着!



で、最初にしたことは、ガイドツアー(無料ですよ)の予約をして、
レストランへ!
0601-04.jpg

だって、到着したのがお昼過ぎ。お腹がペコペコな私たちは、まずはご飯。

(ちなみに、ツアーの予約の時に、「インターネット限定ご優待券」を見せてくださいね。
 そうすると素敵なお土産が頂けます!)


レストランは、テラス席があり緑の中でのランチは素敵でしたね~
ゆっくり、ゆったりとした時間を過ごして、次にショップへ。
ガイドツアーの前に物色・・・。
と思っていたのですが、ショップの方に、

「試飲はされましたか?どれがよかったですか?」


え?そっかーやはり、ツアーの後の方がいいのね。
ということで、お買い物は後で。

その代り、この白州蒸留所は緑がいっぱいで、鳥さんもいっぱい。
バードウォッチにはもってこいの所。
少し散策をしました。静かでホントに良かったです。


で、時間になったので、ガイドツアーの待合所へGO!
0601-05.jpg


中に入ると大きな蒸留器が。
0601-06.jpg

ほ~と、眺めていると、人が集まりはじめ
そして、ガイドツアー開始です!


まずは、説明を軽く受け、発酵、蒸留している工場へ。
工場の中は、少し蒸し暑く発酵の匂いがいっぱい。
この匂いは苦手な人もいるかも・・・。
私も最初の頃は、ちょっと苦手~となっていたのですが
長くいると意外に大丈夫に。
この匂いというか、香りが大切なのかな~なんて思えてしまっていたりして。


蒸留の工程を見学したら、工場を出ます。
次の工程は蒸留したものを樽に入れるので、
その樽の準備を見に行きます。
「リチャー」というそうです。


この工程を見に行くために、専用のバスに乗り込みます。
0601-15.jpg

(結構かわいい外見。でも中身は普通の路線バスでした。)


今ではこの工程は機械で行っていて、人間の手ではやっていないそうです。
今回は特別というか、ガイドツアーの為にやってみてせてくれました。
なかなか迫力満点でしたよ。
0601-11.jpg

樽を火であぶって・・・・・・・
0601-12.jpg

十分あぶれたら、火の色が変わり、
ボウボウになるので、そこを・・・・・

0601-13.jpg

0601-14.jpg

一気に消します!
これがポイントらしいです。
ほ~~~と、思わず拍手でしたね。

この後は、樽詰めされて並べられている貯蔵庫に行きます。
またバスに乗ってGO!です。


この貯蔵庫。もう、ここでウイスキーですね。
匂いが充満していて、いるだけで酔ってしまいそう。
弱い人なら確実に酔えます。
そして、年代物の樽が沢山ずら~と。
思わず自分の年齢の樽を探してしまっていたりして。


で、ガイドツアー中は、ガイドの人が参加者の質問に答えてくれます。
この時に、「この樽はいくらですか~?」とか「個人で買えるのですか?」
等といった質問がありました。

ガイドのお姉さん。
「はい、個人でご購入される方もいますし、出来ます。
 1つ100万円からあります。」
ほー、100万ですかー、それもお安いのが。
当然、お高いのは、もっとだと思うのですが・・・。
お店を経営されている方とかが、樽ごと買われるらしいです。


そして、最後に出来上がったものを試飲するコーナーへ。
もちろん、ウイスキーです。
ここ白州で作った、10年物と12年ものを炭酸で割ったものと
水割りのものを頂きました。
0601-10.jpg


こんな感じのカウンターで作っていただけるのです。
0601-09.jpg

(作っているお姉さんが、みなさんとっても綺麗でした!)
なんだか、どれもとっても美味しかったです。


ちなみに、違いは・・・・・はっきり言ってわかりませんでした!
しかし、炭酸で割ったのは、本当に美味しかったです。

で、もちろん飲んだのは私(かほる)だけですよ。
セバスチャンは運転がありますから、なっちゃんとお茶を飲んでました。
ですから、お土産に白州10年と12年、炭酸を買って
家で試飲です。

0601-07.jpg

(こんなお手軽セットが売っていますので、
 ドライバーのお土産には良いかもです。)

で、お味はどうかというと、、、、、、

セバスチャンもわかりませんでした!
いやー、ウイスキーは難しいですね。
ワインも難しいと思いますが、飲みなれていないので、
ホント、解りません。

でも、今回で思ったこと。
美味しいウイスキーは美味しい!
それも香りが違うんだな~と。

最近、ハイボールが流行っていますが、
角で作るハイボールと、ちょっとお高めの
白州で作るのでは違うので、一度試されてみて下さい。


なんて、こんな工場見学でした。
森林浴に美味しいお料理。
そして、美味しいお酒が試飲でき、
お楽しみのお土産が付く、素敵な工場見学。
是非、おすすめのひとつです。

最後になりましたが、ガイドツアー。
実はお水のもあります。
「天然水ガイドツアー」です。
あの「南アルプス天然水」の工場もここですので。



・サントリー白州蒸留所
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/index.html

・アクセス
http://www.suntory.co.jp/factory/hakushu/access/index.html

そういえは、頂いたお土産は、、、、

続きを読む

カバ・ブリュット・ラルボック 1919

21.jpg


いきなりなのですが、ワインです。
ゴールデンウィークも過ぎて寒い日も少しありますが、
昼間は結構暑い日が多いです。

そのせいか、夜は炭酸の効いたものが頂きたくなり、
ビールではなく、こちらを購入。


白のスパークリング。

カバ・ブリュット・ラルボック 1919
-Cava Brut L'Arboc 1919-
原産地:スペイン

22.jpg


で、お味は、、、


美味しかったです~!!
炭酸も素敵だし、お料理と一緒だとなお良し!
もちろん、単品でもOK!


実は、以前買った猫ラベルの「ガトー・ネグロ ブリュット」が忘れられず
もう一度買いに行ったところ、このワインに遭遇。

「お店のおすすめ」となっていたので、お試しで買ってみたところ

美味しい!

いやーあたりでした。
お値段もお手ごろで、1,200円。
ガトー・ネグロ ブリュットと同じくらいなので、
これならば、どちらかを選ぶので良いかも。

こちらのスパークリングは、結構売っているらしく、
ネットでは良く見かけます。
是非、みなまさ、だまされたと思って、飲んでみてください。

もんちゃん、

今夜はさむいの
    だから、押入れから出れないの

     なので、またおしっこがでなくなっちゃった

プロフィール

かほる

Author:かほる
一応、パソコンの先生。
猫2匹と人間2人の
猫猫とパソコンの生活。


耳がたってるけど、
   スコティッシュ!
の「もか(♀)」5才。

しふぉん2
本当はりっぱな猫。
チンチラシルバー
の「しふぉん(♂)」11歳。

**********************

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

おすすめの商品

快適ねこ生活
***ひの木のねこ砂***

ペットガーデン紀三井寺
***マルカンカラーアソート毛布***

食喜屋
***candela(キャンデラ)***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。